横浜鶴見歯周病研究会

Yokohama Tsurumi

Academy of Periodontology

SCN_0001 (2).jpg

会長 塩野宗則

塩野歯科医院

横浜鶴見歯周病研究会会長就任にあたって

 

この度、渡辺孝章先生より歯周病研究会会長職を引き継ぐことになりました塩野宗則でございます。

 本研究会も回を重ね参加者の増加、内容の充実と発展してまいりました。これもひとえに歴代会長、五味教授をはじめ歯周病学講座スッタッフの御尽力の賜物と思います。しかしながらこの2年、新型コロナの感染拡大に伴い研究会活動が制限され人を集めての開催がおこなわれませんでした。webによる講演会が開催され、我々のような地方に住んでいる者でも容易に講演を聞くことが出来、コロナ禍にあっても工夫して乗り切っていけるものだと講演を聞いて感じました。

 今、歯周病は口腔のみならず全身に影響を及ぼす疾患であり、歯周病の予防、治療が健康を維持するうえで重要であることは広く知られている事であります。新しい歯周病の情報、治療技術の研鑽の場として年に1度の開催ではありますが会員の皆様に機会を提供していくことが本研究会の役割であると思います。また、歯周病講座で学んだ仲間との交流を図り親睦を深めることも使命であると考えます。コロナ禍で人の移動や集会が制限されておりますが、次回は鶴見での開催を願い、懐かしい人と会えることを期待しています。

 今後、会員の皆様からの御助言とご協力により有意義な研究会となるよう取り組んでいく所存です。よろしくお願いいたします。